職種別にみるキャリアアップを成功させる正しい転職活動の進め方

  • 転職をしてもっとやりがいのある仕事をしたい!
  • 年収アップ・キャリアップを叶える転職って出来るの?
  • 仕事が辛い、つまらない。この憂鬱な現状を打破したい!

本サイトはそんな仕事で悩む方、キャリアアップをしたい方のための転職テクニックや考え方を解説したサイトです。

転職をしてキャリアアップや年収アップを成功させるには、知っておくべき知識とサービスがあります。

現状打破のために、やみくもに転職活動を始めてしまうと、効率が悪く無駄に時間を使ってしまったり、ブラック企業に転職してしまったりと「こんなはずじゃなかったのに。。。」という結果になってしまうことも。

また転職活動というのは、業界や職種によっても考え方やテクニックが結構変わるものです。

そこで本サイトでは、営業や人事、エンジニアなどそれぞれの職種で働いていて転職を経験したことのある人から、各職種の転職事情やテクニックを解説してもらっています。

正しい知識を習得して、転職を成功させましょう!

まずは転職活動の準備から

いきなり転職活動を始めても、何から手を付けていいか分からずに、無駄な時間を使ってしまいます。

まずは転職活動を始める前の準備として大事なのは「自分を見つめ直す」こと。

良い転職活動とは、自分に合った職場を探し、自分をアピールして内定をもらい、よりやりがいのある仕事を出来るようになることです。

そのためには、自分をしっかりと理解する必要があります。

自己分析や自分が目指す将来像(キャリアデザイン)を考えるのが第一歩です。

また、転職活動を本格的に行う時期・タイミングや実際に内定をとった後のこともなんとなく理解しておくといいでしょう。

なんとなく自分の強みや理想とするキャリアの方向性が見えてきたら、今度はそれに合う職種や求人を探す必要があります。

自分にあった適職や求人の探し方

自分の現状と目標が分かってくると、転職によって何を達成したいのかが分かってきます。

その上で、達成したいことと合致する職種や求人を探していきましょう。

例えば、「お金を貯めて起業したい。だから今は、やりがいよりも年収が良いところで働きたい」という軸の人もあれば、

一方で「将来的にやりたい仕事があるけれど、今はまだスキル不足。だから今は年収が低くても、スキルアップになる仕事を見つけたい」という軸の人もいるでしょう。

どちらが良い悪いということはありません。

ただ後者の人が、目の前の年収が高いけどスキルがつかない仕事に転職してしまうと、すぐ辞めたくなってしまうからですね。それでは転職成功とは言えません。

大事なのは、自分で決めたことと応募求人がマッチしていることです。

応募をする求人が見つかったら、いよいよ自分をアピールする必要があります。

転職活動本番。書類選考と面接を乗り越える

転職したい職種、職場の求人が決まったらついに応募です。

まずは今までの経歴・スキルと志望動機などを記入した職務経歴書を送り、面接をしてみようと思ってもらう必要があります。

その上で、1〜3回の面接が行われ、採用・不採用が決定します。

職務経歴書の作り方、志望動機の考え方はやはりテクニックの部分もありますので、しっかり時間をかけて準備しましょう!

職種別の職務経歴書の書き方や志望動機の書き方については、下記の職種別・業界別の転職記事でまとめています。

職種別に考える。仕事内容や転職理由、転職活動の進め方

上記までは、いわゆる転職活動の基礎知識としてどんな職種にも当てはまる内容です。

さらに深掘りしていくために、職種別の転職方法について下記の記事でまとめています。

仕事内容や年収相場、やりがい、辛いところなどもまとめていますので、未経験の職種に転職をしたい方も参考になるかと思います。